このページでは看護師の看護師技術である、教育・疾患に関しての看護師ライター執筆事例と、その構成について説明していきます。

 

看護師の教育に関する執筆事例

以下、看護師ライターから出てきた記事(フック文)

タイトル:「看護の現場でアサーション(assertion)~心身ともに健康であるために~」

看護師をしていると本当に毎日がハードで、自身のケアを怠りがちになってしまう人たちも多いことと思います。実は私もそんな中の一人で「忙しい!」を理由に心の栄養&休養まで行き届いていなかった苦い記憶があります。当時は消化器専門の外科病棟に所属し三交代勤務をこなしておりました。オペ患も毎日のようにいて、人工呼吸器やモニターのアラームが鳴り響く中、昼夜問わず毎日病棟を走り回っていたような感じがします。時代の流れとともに三交代勤務を導入している病院は数少なくなりましたが、それでも当時は自身を奮い立たせて何とか頑張っていたように思います。

そんなとき、私の大切な人が心の病にかかり、そこから私たち家族の尊い闘いは始まりました。現在もこの闘いは続いています。看護師をしていても一般科しか経験をしていない私にとってみれば、精神科看護はまるっきりの素人で未知の世界でした。精神科疾患に関したさまざまな研修会や勉強会を通して「心理学」の分野に魅了され、私が大学で心理学を専攻する一つのきっかけとなりました。前置きが長くなりましたが、今回は看護の現場で活かす「アサーション(assertion)」について書いてみたいと思います。良かったら参考にしてくださいね。
~省略~
(全512文字)

【皆様への納品文章】構成し直した記事(フック文)

昨今は看護の現場でもアサーションが広く浸透しており、各施設において積極的にアサーションを導入しているところが増えてきているといわれています。アサーションは別名「疲れない生き方」でもあります。

看護師が心身ともに健康であるためには、アサーションは絶対に欠かせないものです。

今回は看護の現場で活かす「アサーション(assertion)」について説明します。
~省略~
(全167文字)(全文)

このように、医療従事者にただ執筆するのではなく、出てきた文章に対して全ての構成を行い、適正な文字数に変更いたします。

皆様がお支払頂く金額は、構成後の文字数になります。

 

疾患に関する執筆事例

以下、看護師ライターから出てきた記事

タイトル:脳出血の患者の症状

前述したように脳出血の患者の症状は部位によって異なりますが、全出血部位に共通する症状は運動麻痺が約80%、意識障害が約50%、頭痛と嘔吐が約30%の頻度で出現します。若年者に発症しやすい被殻の出血では片麻痺、病巣側への共同偏視が主症状となり、他にも反対側の感覚障害、同側半盲、失語、失行、失認が見られます。同じく若者に発症しやすい橋出血では数分で昏睡、四肢麻痺、除脳硬直が見られるほか、縮瞳も見られます。

高齢者に多い視床出血では片麻痺が生じます。前述した被殻出血との鑑別が無図画しいのですが、発症当初に反対側のしびれが見られたリ、縮瞳や眼瞼下垂が見られるのが見分けるポイントです。小脳出血の場合は出血の程度で症状が変わり、比較的小さい出血の場合の症状はめまいのみとなります。出血が大きくなると激しい嘔吐、後頭部痛、めまい、病床と反対側の偏視も見られます。小脳出血はくも膜下出血と症状が酷似していますが意識障害が発症時に出現しないことや四肢麻痺が無いのに規律や歩行ができないことが鑑別するポイントとなります。皮質下出血の場合は症状により判断することが難しくなります。症状としては頭痛が主症状で部位によって片麻痺、失語、半盲、異常行動などが出現します。

【皆様への納品文章】構成し直した記事

前述したように脳出血の患者の症状は部位によって異なりますが、全出血部位に共通する症状は以下の頻度で出現します。

患者の症状 出現頻度
運動麻痺 約80%
意識障害 約50%
頭痛と嘔吐 約30%

 

若者患者の脳出血の症状について

若年者に発症しやすい被殻の出血では片麻痺、病巣側への共同偏視が主症状となり、他にも反対側の感覚障害、同側半盲、失語、失行、失認が見られます。

同じく若者に発症しやすい橋出血では数分で昏睡、四肢麻痺、除脳硬直が見られるほか、縮瞳も見られます。

 

高齢者患者の脳出血の症状について

高齢者に多い視床出血では片麻痺が生じます。前述した被殻出血との鑑別が無図画しいのですが、発症当初に反対側のしびれが見られたり、縮瞳や眼瞼下垂が見られるのが見分けるポイントです。

 

小脳出血の場合の患者の症状について

小脳出血の場合は出血の程度で症状が変わり、比較的小さい出血の場合の症状はめまいのみとなります。出血が大きくなると激しい嘔吐、後頭部痛、めまい、病床と反対側の偏視も見られます。

 

ポイント!

小脳出血はくも膜下出血と症状が酷似していますが意識障害が発症時に出現しないことや四肢麻痺が無いのに規律や歩行ができないことが鑑別するポイントとなります。

 

皮質下出血の場合の患者の症状について

皮質下出血の場合は症状により判断することが難しくなります。症状としては頭痛が主症状で部位によって片麻痺、失語、半盲、異常行動などが出現します。
引用:脳出血患者の看護と看護計画について(https://kango4job.com/cerebral-hemorrhage-patient-nursing)

 

当社は記事の構成はSEOの知識があるスタッフが対応し、疾患などの看護師知識に関しては、看護師資格を保有しているスタッフがチェックを行っております。